結婚式引き出物~制作編 スプーン~

いよいよ、引き出物制作 最後の品。

スプーンの制作の紹介です。

大まかな作業手順はフォークと同じです。

木取りをし、側面から墨を付けてその通りに成形。

と、ここまでの流れは一緒で、ここからが違います。

c0211761_2219443.jpg

c0211761_22194237.jpg
c0211761_2219542.jpg

表にスプーンの形の墨をします。

そのあとは「丸鑿(まるのみ)」という手工具で、スプーンのへこんでいる部分を掘っていきます。

丸鑿で掘っていくンですが、それだけでは掘った部分が滑らかにならず、口に含んだときに違和感がある仕上りになってしまいます。

そこで、登場する手工具が「スクレーパー」という道具です。

ちょっとその道具の写真を撮るのを忘れてしまいました。すいません。後日、別でUPします。

c0211761_22545855.jpg

スクレーパーで削った後は、とても滑らかに仕上がります。

これから先の工程はまた、フォークと同じように進めていきます。

c0211761_22582311.jpg

c0211761_2258342.jpg

バンドソーで粗方カットして
c0211761_2259466.jpg

c0211761_22591922.jpg

ベルトサンダーで成形。
c0211761_22564079.jpg

c0211761_22565513.jpg

c0211761_2257713.jpg

c0211761_22571952.jpg

南京がんなと、刳り小刀で調整。

その後、サンディングします。

c0211761_2355364.jpg

仕上げて、焼印して
c0211761_236478.jpg

塗装して乾けばOK。

お皿、フォーク同様、スプーンも、普段使ッているものが様々な工程のもと一つ一つ仕上げられています。

今回は、私の分野の木製品の紹介でしたが、金属でも陶芸でもそれぞれの分野で作家が一つ一つ丁寧に作っています。

その作家の想いを感じていただけると幸いですね。
[PR]
トラックバックURL : https://wataruwork.exblog.jp/tb/14995648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wataruwoodworks | 2010-08-22 23:39 | 木のこと | Trackback | Comments(0)

DOUBLE=DOUBLE FURNITURE 糸島で、オーダー家具とテーブルウェアを制作しています。その制作の様子と日々の事。


by DOUBLE=DOUBLE FURNITURE
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28